「人種差別撤廃施策推進法案の早期成立を求める署名」53,597筆へのご協力に感謝いたします。


「のりこえねっと」「差別反対東京アクション」による、「人種差別撤廃施策推進法案」の早期成立を求める署名活動にご協力をいただき、まことにありがとうございました。

皆様からお寄せいただいた署名は、これまで4月8日に5,445筆、4月19日に2,895筆、4月27日に600筆、合計8,940筆を有田芳生参議院議員を通じて参議院に提出させていただきました。

その後、参議院法務委員会における与党案の提出・修正協議の進行という状況をふまえ、5月3日に一旦休止させていただきましたが、休止のご案内を差し上げた後も数多くの署名が寄せられ、5月20日現在で参議院議長宛 18,621筆、衆議院議長宛 26,036筆を集約しており、署名総数は53,597筆となりました。

これらすべての署名を衆参両議院に提出できなかったことにつきまして、お詫び申し上げます。

しかし皆様か寄せられた多数の署名によって、与党案「ヘイトスピーチ解消法案」(「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律案」)をベースに修正案及び付帯決議も加えられ、5月13日の参議院本会議、5月24日の衆議院本会議において、賛成多数で可決いたしました。

より包括的な人種差別を禁止するための法律として、野党提出の「人種差別撤廃施策推進法案」の成立を求めてきた私たちとしては、成立した与党案にはさらに修正すべき点もある法律ですが、ヘイトスピーチにさらされている人々を守る具体的な法律としての第一歩をようやく踏み出したことを喜びたいと思います。

そしてこれからも、署名していただいた皆様の意思を生かす様々な取り組みや行政、議会等への働きかけを進め、さらにより良い法律への改正を求めていきたいと考えています。

今回の署名の取り組みに際し、議会への紹介議員になっていただいた有田芳生議員、署名にご協力いただいたすべての皆さんに感謝を申し上げます。また参議院、衆議院の法務委員会において真摯な討議を重ね、ヘイトスピーチのない社会への第一歩となる法律を作り上げていただいた議員の皆さんにも感謝を申し上げます。

ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です