人種差別撤廃施策推進基本法の制定に向けた緊急行動のお願い


徳島教組襲撃事件の民事裁判で、支援者に対する攻撃を人種差別と認める画期的な高裁判決がでたことはご存知かと思います。「ヘイトスピーチを許さない」社会づくりは、司法の場でも着々と進んでいます。

昨日は参議院法務委員会で、与党法案について禁止条項がないこと、定義が不明確であること、何より対象が「適法に居住するもの」に限定されていることの問題点が野党議員から指摘されました。

下記の記事によると、与党は「著しく侮辱する」を対象に追加する修正案を今日27日に野党に提案するとのことですが、適法居住要件の削除などは付帯決議で対応しようとしているとのことです。

ヘイトスピーチ、与党が修正案:時事ドットコム

今朝、朝日新聞が適法居住要件などを批判する社説を出しました。

(社説)ヘイト法案 反差別の姿勢を明確に:朝日新聞デジタル:朝日新聞デジタル

弁護士会も動いています。皆で今、できることをやりましょう。なお、NGOの共通の修正要求項目は、下記の4月19日院内集会アピールをご覧ください。

「今こそ人種差別撤廃基本法の実現を」4・19院内集会アピール




与党メンバーへ法案の修正を求めるFAXを送りましょう!

適法居住要件は人種差別を広げる人種差別撤廃条約違反の条項であり、条文自体から削除しないと悪影響があります。明日28日正午までに与党「ヘイト・スピーチ問題に関するワーキングチーム」議員へのFAXによる修正要求を送ることを呼びかけます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(例文)

「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律案」から、「適法に居住するもの」という条件を削除してください。

 誰に対するヘイトスピーチにも反対です。
 Or 人種差別撤廃条約違反です。
 Or 非正規滞在者に対する差別を広げてしまいます。
 Or ヘイトスピーチをする人たちに抜け道を与えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<自民党>
平沢勝栄(衆) FAX:03-3508-3527
葉梨康弘(衆) FAX:03-3508-3518
西田昌司(参)、FAX:03-3502-8897

<公明党>

遠山清彦(衆) FAX:03-3508-3414
國重 徹(衆) FAX:03-3508-3885
矢倉克夫(参) FAX:03-6551-0401


SNSで情報を拡散しましょう

「適法居住要件」があると、過去に実際にあった「不法滞在の〇〇人を叩き出せ!」などというヘイトスピーチが許される危険性があることを示すために、ハッシュタグ「 #適法居住要件の削除を ]をつけて情報の拡散と与党案反対のアピールを広げましょう。

与党法案の問題点を指摘する下記のサイトを紹介して広げましょう。

【閲覧注意】 与党法案では、これほど酷い発言もヘイトスピーチにならない?「適法居住」要件の削除を!

ヘイトスピーチ対策法「与党案」について考える――「適法居住」要件はなぜおかしいのか



「適法居住」要件の見直しを――国会で審議中の「ヘイトスピーチ対策法」与党案(韓東賢) – Y!ニュース

自公提出の「ヘイトスピーチ法案」のなかで、明らかに容認できない「適法居住要件」とは何か。(伊藤和子) – Y!ニュース

本日の緊急行動に多くの参加を呼びかけます 

4月27日の「ヘイトスピーチ法案に禁止条項を!427ACTION」に参加して、声をあげましょう。

日時:2016 年4 月27 日(水) 集合 18:00 開始 18:30
場所:参議院議員会館前(http://bb-building.net/tokyo/deta/457.html
参加:「ヘイトスピーチを許さない」「差別を許さない」方であればどなたでも
内容:街頭アピール、ゲストスピーカーによる発言 等
主催:在日韓国青年会中央本部

※3m四方の横断幕「ヘイトスピーチ、許さない。」を風船で吊り上げます!

ヘイトスピーチ禁止法成立を求める!4・27院内集会に参加しましょう。

 日時:4月27日(水)16時半〜18時
 場所:参議院議員会館1階講堂(16時からロビーで入館証配布)
 主催:韓国民団


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です